淋病の理解を深めて早期発見に繋げる!

淋病の検査は痛くないか不安な人にどんな検査をするか教えます

    

淋病のような性感染症は、まずは検査をしないと正確に原因を把握する事ができない事が多いです。
特に、女性の場合は淋病は自覚症状がなく異常を感じたくらいでは実際にどんな症状が自分の中で起こっているのか判断する事は難しいですからね。

 

淋病検査の不安について

しかし、性感染症にしろ淋病にしろ検査を受ける上で検査のことを知らない人にとっては、やっぱり不安などがあるという人もいるのではないでしょうか。
しかし、淋病の検査は基本的に体に負担がかかるようなことはありません。
あくまで、体液などを採取してからそれを検査するだけなので特に痛い思いをする事はありませんし、何かしらのきつい思いをすると言う事はありません。
なので、検査が怖いと思っている人は心配は必要ないとおぼえておきましょう。

 

淋病検査のやり方

体液採取のやり方なのですが、血液検査のような注射をするという物ではなく女性の場合は膣分泌液を、そして男性は尿検査をするというような形になっていますね。
女性の場合の膣分泌液は、長い綿棒のようなものをつかって膣内の奥の分泌液を軽くこすり取ってから採取するというようになっているんですね。
インフルエンザの検査の時に、鼻の奥の粘膜を取るアレを膣内でやるというような形になっています。
しかも、鼻の奥のものを取るのと違って全然痛みはありません。

 

淋病検査は痛くない

尿検査なんかは、紙コップにするだけですし女性の膣分泌液の採集の方法も子宮頸管の粘膜を取るだけなので綿棒で軽くこする程度だから痛みを感じる、ということもありません。
なので、緊張する必要もありませんしリラックスして受けるだけで痛みを感じることも体へキツイ負担を感じることはないです。