淋病の理解を深めて早期発見に繋げる!

淋病は検査をしないと原因特定できないのでまずは検査を受けよう

    

淋病になってしまった、或いは淋病になってしまったかもしれないという時はまずは病院で検査をすることがオススメですね。
さて、しかし淋病のような性感染症はどこで検査を受ければイイのかということを知らない人も結構います。
今回は、そんな淋病などの性感染症の検査を受ける事が出来る場所を紹介しましょう。

 

男女で検査の場所が違う

実は、淋病の検査は男性と女性では受診する科が違うんですね。
女性の場合は婦人科、男性の場合は泌尿器科で淋病の検査を受ける事が出来ます。
性病科と言う所で検査を受けることも出来るのですが、性病科といういかにもな場所だと何となく気後れしてしまったりためらってしまったりする人もいるかと思うので主にこの二つを淋病の検査を受ける事ができるところだと覚えておくといいでしょう。
特に婦人科は性病の患者だけが行く所ではないので女性でもいきやすいでしょう。

 

どんな検査をするのか

基本的に、淋病の検査で一番最初にやることは問診です。
自覚症状の有無や、症状の内容、性病にかかる心当たりなどや性体験有無、セックスパートナーの数、コンドームの使用の有無やピルの服用をした経験などを聞かれます。
応えるのが恥ずかしい質問かもしれませんが、ここでちゃんと答えないと正しい検査をする事ができないので、必ずちゃんと応えるようにしましょう。

 

淋病の検査を受けよう

淋病、というのは性感染症の中でも非常にポピュラーな症状を持っている物です。
だから、症状だけを見て淋病だと特定する事は限りなく難しいんですね。
検査の際の問診は、特に普段の生活と照らし合わせながら原因を特定するためにも必要なことです。
恥ずかしがって嘘を言ったりしないようにしましょう。